ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2010年02月10日

プログレ・メタル 名曲ランキング P 〜 Pink Floyd、他

プログレ・メタル 名曲ランキング P

[P]

Pantera の名曲

1位 520pts
Fucking Hostile

2位 510pts
A New Level

3位 370pts
Mouth For War

4位 240pts
Walk

5位 220pts
Rise

Pantera は 「Vulgar Display Of Power」 が最も良くジャケットからしていいです。

このイメージを崩したくないので、他のアルバムは聞いていないくらいです。
殴られている人を置き換えて、 「ファッキング・ホルスタイン」 と叫びましょう(本当は、ホスタイル)。
A New Level」 もかっこいいです。



パンテラ(Amazon.co.jp)



Paul McCartney の名曲

1位 600pts
The Back Seat of My Car

2位 590pts
Pipes Of Peace

3位 580pts
Rinse The Raindrops

4位 570pts
Morse Moose And The Grey Goose

5位 550pts
西暦1985年

ポールマッカートニーは、ビートルズ時代にメタルの元祖とも言われている曲を作りました。
ホワイトアルバムに入っている 「ヘルター・スケルター」 です。
この歌は、HM/HRバンドにリスペクトされておりカバーも多数されています。

自分はポールがソロになってからも結構聴いていますが、転調が多いプログレ曲の方が好きです。
ポールは売れた楽曲などのせいで評価が著しく低いですが、負けず嫌いな面を持っており、アルバムの中には実験的な曲が多数あります。
この楽曲群の中には魅力的なプログレ曲が多く存在しています。
やはりポールは美しいメロディーラインとプログレ要素も持っている天才なのでしょう。

1位 「The Back Seat of My Car」 はソロ2作目のアルバム 「Ram(1971)」 から、荒々しい転調が面白く、今聞いてもびっくりします。



2位 「Pipes Of Peace」 はベストなど多数収録されている最も美しい歌です。
3位 「Rinse The Raindrops」 比較的最近のアルバム 「Driving Rain(2001)」 から、激しいプログレで10分超えの名曲。
4位 「Morse Moose And The Grey Goose」 は隠れたWings時代の名作 「London Town(1978)」 から、You Tubeを参考にお願いします。
5位 「西暦1985年」 もWings時代の最高傑作と言われた 「Band on the Run(1973)」 から、こういう隠れたハードなプログレ曲もソロのポールの魅力でした。





ポール・マッカートニー(Amazon.co.jp)



Pink Floyd の名曲

1位 1795pts
Shine On You Crazy Diamond

2位 950pts
Us And Them

3位 930pts
Another Brick in the Wall (Part 2)

4位 920pts
Echoes

5位 900pts
Keep Talking

群を抜いて好きな曲が、「Shine On You Crazy Diamond」。
以前レビューをしていますが、アルバムでは 「狂気」 が一番好きです。

Pink Floyd - ピンク・フロイド レビュー




狂気(SACD-Hybrid)


「Wish You Were Here」
「High Hopes」
「Money」
「Any Colour You Like」
「Brain Damage」
「Eclipse」
「One Of These Days」
「Pigs (Three Different Ones)」
「Summer '68」

他にも名曲がたくさんあり、ここでは紹介しきれません。

あと、ピンクフロイドはどのアルバムも凄いのですがベスト 「Echoes: 啓示」 が究極にすばらしいです。
きちんと一曲、一曲が連続性を持つようにアレンジして聴けるようなっています。
特に 「Shine On You Crazy Diamond」 の一部と二部を繋げたアレンジは最高でオリジナルアルバム以上に何度も聴いています。



ドリームシアターはアルバム自体は全く不満はないのですが、唯一BESTアルバム 「GREATEST HIT」 は選曲もアレンジも全く面白くなかったので、プログレを自負するならピンクフロイドのこのスタイル、こだわりを見習って欲しいです。




ピンクフロイド 「Echoes: 啓示」 は数あるアーティストのベストアルバムの中でもNo.1のベストアルバムだと思っています。

まさに、

キング・オブ・ベストアルバム

と言っていいでしょう。



ピンク・フロイド(Amazon.co.jp)


※ ポイントはiPodの再生回数 + α で算出しています。

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。