ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2008年11月28日

サザンオールスターズの解散は今後にどう影響を及ぼすのか? 〜サザンオールスターズの最高傑作アルバムは?

今日は、珍しく日本のバンドの話です。

サザンオールスターズが再び活動休止 をすると言う話を聞いて、サザンが無性に聴きたくなったので昔の曲を一日中聴いていました。

私がサザンオールスターズを好きだった時代は、デビュー〜1988年までで当時はまだ高校生でした。
サザンは初めてライブに行ったバンドで思い入れが深いバンドです。

NISSEKI  SUPER LIVE 100 -真夏の夜の夢-
サザンオールスターズプレゼンツ 1988大復活祭


の野外コンサートが、初めてです。

サザンの大きな活動休止は、2回目になります。
第1回目の活動休止が、最高傑作アルバム 「Kamakura」 発売後でした。


私がサザンで好きな曲と言ったら、

「いなせなロコモーション」
「匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB」
「ミス・ブランニュー・デイ」
「マチルダBABY」
「顔」
「ボディ・スペシャルU(BODY SPECIAL)」
「C調言葉に御用心」
「栞(しおり)のテーマ」
「朝方ムーンライト」
「よどみ萎え、枯れて舞え」
「旅姿六人衆」
「ふたりだけのパーティ〜Tiny Bubbles (type-A)」
「働けロック・バンド (Workin' for T.V.)」
「我らパープー仲間」
「逢いたさ見たさ 病めるMy Mind」
「女流詩人の哀歌」
「Oh! クラウディア」
「ひょうたんからこま」
「ジャズマン(JAZZ MAN)」
「わすれじのレイド・バッグ」
「シャ・ラ・ラ」
「ごめんねチャーリー」
「東京シャッフル」
「死体置場でロマンスを」
「欲しくて欲しくてたまらない」
「Melody(メロディ)」
「吉田拓郎の唄」
「Bye Bye My Love(U are the one)」
「星空のビリー・ホリディ」
「夕陽に別れを告げて 〜メリーゴーランド」
「悲しみはメリーゴーランド」
(順不動)

やばい、聴きだしたら止まらない。

怪しいマイナー路線?の歌が好きで、当時歌詞の意味も分からなかったですが、今聴くと歌詞はやはりめちゃめちゃなのが多いです。


特に 「」 とか 「マチルダBABY」 は好きですね。
真っ向に立つ悪魔の要塞〜
これ、かなりプログレっぽいです。


あと、売れなかった時期にたまらない哀愁がある曲が多々あります。
ジャズマン(JAZZ MAN)
わすれじのレイド・バッグ
ひょうたんからこま
の近辺です。
売れる曲とは到底思えませんが、私はこの時期の哀愁あるサザンの曲が好きです。
チャコの海岸物語」 が出るまで、シングルが売れなく迷走しているこの時期のサザンは

神懸りの哀愁

があります。


この時期、 桑田圭祐自身が真剣に曲解説した本 を読んだことがありますが、この時期のサザンはかなりの隠語が含まれています。
もともと日本語は音楽に合わないからわざと何言っているか分からないようにして無理矢理英語のようにしてメロディラインに乗せるという発想。
だから歌詞は二の次。
メロディに合えばいい。
当時の日本では異端中の異端。


有名なのがデビュー曲

勝手にシンドバッド

胸騒ぎの腰つき」 の意味が分からないから歌詞を 「胸騒ぎ残しつつ」 とかに変えろとレコード会社に言われたが、頑として変えなかったのは有名な話。

そもそも曲名も当時売れていた、
沢田研二 「勝手にしやがれ
ピンクレディー 「渚のシンドバッド」 
を繋げてつけたくらいですから、この反骨精神は素晴らしい。


再結成後のサザンは普通のバンドに成り下がってしまったので、ここからは曲も良く知りません。
前出の野外ライブも再結成後でしたが、イマイチでした。
このライブもサザンを聴かなくなった原因の一つです。

あの大ヒットした 「TSUNAMI」 すら良く聴いてません。


そこで、いいバンドがいないか模索中、昔、桑田圭祐が聴いていたというビートルズを経て、ドリームシアターのようなプログレやヘビーメタルに完全に移行しました。

音楽に英語の歌詞は必須

高校生くらいまでは歌詞は二の次で、何言ってるか分からなくても良かったのですが、ドリームシアターのコンセプトアルバムを聴いて、初めて歌詞の重要性を認識しました。
それから、私のドリームシアター狂いが始まったわけです。

また、私のライブ嫌いはライブバンドでもあるドリームシアターで完全に払拭されました。
今では、ドリームシアターは来日したら、ライブには必ず行くようにしています。
というか、絶対行く!

ドリームシアター メトロポリス2000レビュー
ドリームシアター武道館ライブ 2008年1月15日 セットリスト & レビュー



サザンは今回の活動休止から、再結成した時どんなバンドに生まれ変わっているのでしょうか?
ちょっと期待していますが…。


と言うわけで、 サザンオールスターズの最高傑作アルバム は間違いなく2枚組みの…

Kamakura

でしょう。
このアルバムは、正にモンスターアルバムです。



Southern All Stars/Kamakura (Rmt) (HMV)
Southern All Stars/Kamakura (Rmt) (Amazon.co.jp)




posted by 夢 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Southern All Stars

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ