ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2011年10月16日

Rhapsody of Fire - From Chaos To Eternity レビュー

Rhapsody of Fire の 「Dark Secret Saga」 待望の新作(最終章)が2011年6月に発売されました。
自分の中では今年一番の傑作アルバムです。

「From Chaos To Eternity」 レビュー

From Chaos To Eternity と その近辺に買った仲間たち

Rhapsody of Fire は改名してからしばらくの間、全然聴いていなかったのですが、 「Magic Circle Music」 との法的闘争の確執から開放されたようで、「Nuclear Blast」 に移籍してからの前作 「The Frozen Tears of Angels」 からはかなり音楽性は復活しました。

ルカのギターリフは特徴的でマンネリ化と言われていますが、不遇期間を乗り越えた間にレパートリーが増えたようです。
ダークな 「Aeons Of Raging Darkness」 などは Symphony X の曲かと思いました。

まあ、今までと似たようなリフも結構あるのですが、曲調などいろいろ変化してたまりません。
ほとんどが疾走系で、全ての物語の収束に向けて素晴らしい展開を見せています。
捨て曲無し。


しかしそれらの名曲揃いをはるかに超える、キラーチューンは最終曲

「Heroes Of The Waterfalls' Kingdom」

デビューから14年続いた 「エメラルドソードサーガ 〜 ダークシークレットサーガ」 のシリーズを締めくくる最後の曲。
Rhapsody 時代も含めて、一番好きな曲になりました。

誰が何と言おうと、 Rhapsody 最大の名曲はこの曲にしたいと思います。

まさに Rhapsody の集大成
購入以後、ずっとこの曲ばかりをリピートしています。
まさか、こんなにもこの曲にはまるとは思いもしませんでした。


以下は、曲解説

最初はバラード。
3:43 から、プログレ好きならぶっ飛ぶドラミング。
いやでもテンションが上がる。
メロディーラインに添うギター。
壮大な展開とコーラス。

序盤でここまでの展開!
素晴らしい。
ここまでの展開だけでも今までの鬱憤を全て吹き飛ばすほどの名曲。
しかし、この曲の凄さはこれだけでは終わらない。


7:56 から、展開が変ります。
もう、何と言ったらいいのか…。
壮大なストーリーとギターの掛け合い漫才です。
最初聴いたときはかなり戸惑いました。




注釈)
購入してから車でずっと何度も聴いていたので、以下は歌詞を見ていない状態での(デタラメ)解釈です。
自分の中ではこの曲を聴く度に、こういうストーリーが脳内に流れています。

10:04 〜

(デロデロデロデロデ)
ソドム、ゴモラ(嘘) 及び ターナーの争いです。

(デロデロデロデロデ)
オフッ、オフッ、オフッ

(デロデロデロデロデ、デロデロデロデロデ、デロデロデロデロデロデロデロデロデロデロデロデロデ)
ノー、ノー、マイブラザーズ、ターナー
はらり。。。

(ハーハーハー)

幕間
(なんか、大音量で聴いていると非常に危険な感じがするので、街中では車の音量を下げてしまう。)

16:20〜

ターナー
No, no...
Why me? Why?
(なぜなんだろうね、ターナー。捨てられたお前が悪いのか?)


ここで、アーティスト名を見てみる 「Rhapsody of Fire

「Fire」 が、なぜ 「Rhapsody」 に追加されてしまったのか?

Fire!
そうか、そうだったのか…

この ソドムとゴモラ め!

「地獄の劫火に焼かれてしまえ!」


俺は身体は悪魔になった。
だが、人間の心を失わなかった。
でも、きさまらは人間の身体を持ちながら悪魔になったんだぞ!
これが!これが!
俺が身を棄ててまで守ろうとした人間の正体か!

「地獄へ落ちろ、人間ども!」



自分の脳内では、本来のストーリーを無視して、最後には デビルマンが登場 していました。
全てのメディアを超えて想像力をかきたてられる。
これは、名曲の条件。
そしてハルマゲドンの後は、クリーンエナジーを使う素晴らしい世界が再構築されたのです。




当然ながら実際の歌詞、ストーリーはかなり違います。

Why じゃなく、Flyです。
ソドムもゴモラもいません。
ターナー = サーナー
クリーンエナジー = Combining the supreme energies of the cosmos

おーい。
全然違うぞ。

でも、最後にダーガーが半分悪魔 (But I am half demon) で、エリアンの天使の魂と融合する (Erian's angelic spirit now embraced Dargor's immortal soul)
というくだりを聴いて、自分の想像はあながち間違って無いのではないかと自己満足しました。

まあ、自分の妄想は置いておいて、とにかく素晴らしい名曲なので、是非一度は聴いて見てください。
この曲を聴いているとジャンルを超えた映画以上の壮大なストーリーが見えてきます。
久しぶりに想像力をかき立てられる凄い曲を聴きました。

素晴らしいエンディングをありがとう、Rhpsody of Fire


追伸) このアルバムを最後にギターの 「ルカ・トゥリッリ」 が脱退したのは残念です。




From Chaos To Eternity (Amazon.co.jp)


posted by 夢 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Rhapsody

2008年11月04日

Rhapsody - 3rd Dawn Of Victory レビュー

Rhapsody

3rd 「Dawn Of Victory

>Rhapsodyはアルバムの最後の曲はいまいちと言うイメージがあるのですが、オープニング曲(2曲目)と最後から2曲目(9曲目)が異常にいい歌があるというイメージがあります。

この理論は当然このアルバムでも健在

2曲目 Dawn Of Victory
9曲目 The Last Winged Unicorn

このアルバムのキラータイトルは9曲目

以前、

>私はこの曲(Gargoyles, Angels Of Darkness)が Rhapsodyの中では2番目に好きです。
>最もお気に入りの曲は別のアルバムに入っています。
>これは、また別の機会に。

と言いましたが、それがこの曲。

The Last Winged Unicorn

この展開の素晴らしさ。
すげーかっこいい。
サビメロとクワイア。
語りからの展開は、鳥肌が立つ。
裏打ちスネアで疾走!
何だこれ。

5:44の比較的短い曲ですが、Rhapsodyの才能の全てが凝縮されて詰め込んである。
今までに何回聴いたか分かりません。

Rhapsodyの最高傑作


Dawn Of Victory」 の ★★★★★ は4曲

Dawn Of Victory
Triumph For My Magic Steel
Holy Thunderforce
The Last Winged Unicorn

このサードアルバムはとにかく 「The Last Winged Unicorn」 に尽きます。

Rhapsody の3rdはアルバムとしてはあまり好きではないですが、 「The Last Winged Unicorn」 が特出して素晴らしい。

一聴の価値有り。

私の音楽人生でもBEST10に入る超名曲




Rhapsody/Dawn Of Victory (HMV)
Rhapsody/Dawn Of Victory (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Rhapsody

2008年07月24日

Rhapsody - 2nd Symphony Of Enchanted Lands レビュー

今日は Rhapsody

2nd 「Symphony Of Enchanted Lands

>Rhapsodyはアルバムの最後の曲はいまいちと言うイメージがあるのですが、オープニング曲(2曲目)と最後から2曲目(9曲目)が異常にいい歌があるというイメージがあります。

この理論はこのアルバムでも健在


2曲目 Emerald Sword
9曲目 Riding The Winds Of Eternity

このアルバムのキラータイトルは2曲目

Emerald Sword

正にオープニングソング。
テンションが上がる素晴らしい曲です。
メタルですが、とても聴きやすく評判も上々。


Symphony Of Enchanted Lands」 の ★★★★★ は5曲

Emerald Sword
Wisdom Of The Kings
Eternal Glory
The Dark Tower Of Abyss
Riding The Winds Of Eternity

実は、 名曲「Emerald Sword」 の次にあるため目立たないのですが、3曲目 「Wisdom Of The Kings」 も代表作と言っていいほどの素晴らしい曲です。

このセカンドアルバムはスピードもあり、シンフォニックのバランスも抜群で、さらに哀愁もかなりあります。
Rhapsodyの中でもとても聴きやすいアルバムなのですが、これはこの哀愁が決め手になっているのです。

哀愁・シンフォニックプログレメタル

Rhapsody 中で最も有名なアルバムですが、有名になるだけのことはあると思う傑作です。




Rhapsody/Symphony Of Enchanted Lands (HMV)
Rhapsody/Symphony Of Enchanted Lands (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Rhapsody

2008年07月12日

Rhapsody - 1st Legendary Tales レビュー

最新作がいまいちでしたので、最近はあまり聴かなくなっていたのですが、昔は ドリームシアター 以上に聴いていたかも知れません。

Rhapsody


私が Turisus という変なバンドが気に入ったのも、 Rhapsody と言うバンドを聴きこんでいたからという背景があります。

Turisas アルバムレビュー はこちら


Rhapsodyはアルバムの最後の曲はいまいちと言うイメージがあるのですが、オープニング曲(2曲目)と最後から2曲目(9曲目)が異常にいい歌があるというイメージがあります。

2曲目 Warrior Of Ice
9曲目 Load Of The Thunder

ただし、このアルバムのキラータイトルは7曲目

Land Of Immortals

ルカのスタンダードギターが聴けます。
このキュルキュル言うギターはこのアルバムにも何度も登場します。

賛否両論ありますが、このギターが5枚にもわたるコンセプトアルバムの統一感を出しているのではないかと思っています。


Legendary Tales」 の ★★★★★ は5曲

Warrior Of Ice
Rage Of The Winter
Flames Of Revenge
Land Of Immortals
Load Of The Thunder

どれもテンションが上がる優良曲。
ボーカルの上手さとシンフォニック、クワイアの融合。


1st 「Legendary Tales 

壮大なRPGアルバムはここから始まった。




Rhapsody/Legendary Tales (HMV)
Rhapsody/Legendary Tales (Amazon.co.jp)




posted by 夢 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Rhapsody

2008年07月04日

Rhapsodyの組曲 「エメラルド・ソード・サーガ」 レビュー

今日は、 シンフォニックメタル の代表

Rhapsody 

私は Rhapsody of Fire に改名してからは、殆ど聴かなくなりました。

というか、ピークは明らかに5作目

The Power Of The Dragonflame

ギターの ルカ・トゥリッリ の面白いリフが特徴的です。
弾くネタに困ったら、また同じようなリフになります。
これが、またいいのです。

初期の5部作を

エメラルド・ソード・サーガ

といいますが、これは全て繋がっており、1つのコンセプト・ストーリーになっています。

そして、最後のアルバム 「The Power Of The Dragonflame」 に19分の大作

Gargoyles, Angels Of Darkness

で締めくくられます。

私はこの曲が Rhapsodyの中では2番目に好きです。
最もお気に入りの曲は別のアルバムに入っています。
これは、また別の機会に。

壮大なオーケストレーションとルカのギターの融合。
これは、素晴らしい。

最後にふさわしい曲です。

他にも、

Knightrider Of Doom
Power Of The Dragonflame
Agony Is My Name
The Pride Of The Tyrant

などなど。

捨て曲なしの素晴らしいアルバム。
Rhapsody中、最高のアルバムは間違いなく

The Power Of The Dragonflame

です。




Rhapsody/Power Of The Dragonflame (HMV)
Rhapsody/Power Of The Dragonflame (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Rhapsody

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。