ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2008年04月27日

ASIAが25年ぶりに復活! ニューアルバム「Phoenix」 レビュー

2007年 ASIA は復活し、来日を果たしました。
今年は、 最新アルバム を引っさげての登場です。

ASIA(エイジア)「PHOENIX」


ASIAと言ったら、1stがとても有名で1500万枚を売り上げています。

その名も ASIA



Asia/Asia


私が プログレ を知ったのは、このバンドからです。
といっても、ASIAが目差したのは、短いプログレポップス。
非常に聴きやすくなっています。


セカンドは、ブリティッシュ・ロックの哀愁が漂うプログレです。
そのため、一番好きだったのは、 

セカンド 「ALPHA

これが私のプログレの原点ですね。

当時は、猿状態。

「Don't Cry」  言わずとしれた哀愁漂う名曲
「The Heat Goes On」 
「Eye To Eye」
「Open Your Eyes」  エンディングを飾る壮大な曲

など、ライト感覚の中にも味がありとても良いです。



Asia/Alpha


セカンドまでのオリジナルメンバーがとても豪華
プログレになるしかない。

ジョン・ウエットン(キングクリムゾン)
スティーブ・ハウ(イエス)
カール・パーマー(EL&P)
ジェフ・ダウンズ(バグルス、イエス)

1981年結成。

イエス や キングクリムゾン のメンバーが集ったバンドですから。
でも、セカンド発売直後から、スティーヴ・ハウ(イエス)やジョン・ウエットン(キングクリムゾン)が脱退したり、復帰したりの繰り返し。

サードアルバム 「ASTRA で事実上の解散。



Asia/Astra


「GO」
「Hard on me」
「too late」
「After the war」  ラストを飾る壮大な名曲 一聴の価値あり

このアルバムも曲のレベルの高さ、まとまりはかなりのものです。
隠れた名盤。
今聴いてもいい曲が多いのですが、何故か売れませんでした。
ジョン・ウエットンが嘆くのも分かります。
スティーブ・ハウ の脱退が響いたのでしょうか?


そのため、エイジアはサードアルバム以降、活動が停滞してしまったので、私もこの時点でASIAを聴くことをやめていました。


ASIAは、セカンド以降オリジナルメンバーが揃うことなかったのですが活動は細々と続いていました。
アルバムタイトルにもこだわりがありました。

1982年 詠時感〜時へのロマン ASIA
1983年 アルファ ALPHA
1985年 アストラ ASTRA
1992年 アクア AQUA
1994年 アリア ARIA
1996年 アリーナ ARENA
2000年 オーラ AURA
2004年 サイレント・ネイション SILENT NATION
2008年 フェニックス Phoenix 

Aではじまり、Aで終わる。
こだわりのスタイル。
最近は、このスタイルも無くなっていますが、エイジアのオリジナルメンバーが25年振りに揃った最新アルバムは素晴らしい。


最新アルバム 「Phoenix

アダルトになったエイジアが聴けます。
1stに近い感じを受けますが、

「never again」
「nothing's forever」
「shadow of a doubt」 4人の競作

等、傑作揃い。
やっぱり、 ASIA(エイジア)の音楽はこの4人でなければ出せない でしょう。
正に フェニックス(復活)です。




Asia/Phoenix (HMV)
Asia/Phoenix (Amazon.co.jp)

posted by 夢 at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Asia

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ