ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2009年09月26日

Children Of Bodom ‐ Blooddrunk レビュー

とても素敵な攻撃力をもつ北欧デス・メタルバンド。

Children Of Bodom

私はデスは苦手ですが、このバンドは何かが違う。
渋谷AX でのライブにも行ったことがあります。

COB最新のカバーアルバム 「Skeletons in the Closet」 は酷評されていますが(私は別物と考えており、結構好きですが)、オリジナルアルバムはまだまだいけると信じています。



Skeletons in the Closet


今回は、 COBのオリジナル 6作目 

Blooddrunk

のレビューです。

本作は、あの4th 「Hate Crew Deathroll」 に一番近くメンバーもそれだけ自信があるアルバムとのことです。

追記 「Hate Crew Deathroll」 中の Needled 24/7 は必聴!



Hate Crew Deathroll


Children Of Bodom のジャケットは連作になっており、 Blooddrunk では、ついに鎌が振り下ろされてしまいました。

飛び散る血!
ジャケットはかなり衝撃的。
本作も、ジャケット通りに非常に攻撃的な曲が揃っています。

一曲目 「Hellhounds On My Trail」 からCOBらしい禍々しいリフ。

本作は 「ボドム湖シリーズ」 がないのですが、まあそれは置いておいて、二曲目

Blooddrunk

表題作
ちょっと、プログレっぽいです。

「酒を飲むことは死へと繋がると奴らは言うが、
とどのつまり…死ぬことこそ酒を飲むことに繋がるのさ」

かなりのドランク症状らしく、

「ぐでんぐでんに酔って、またぼろぼろだ
抱えた痛みがみな消えていく
ぐでんぐでんに酔って、お前は俺を正気ではないという
カミソリの刃とともに酔いしれて落ちていく」

これで物語は終わり。
素敵ですね。

ドリームシアター(ポートノイ) の 「アルコール依存症改善プログラム」 が必要のようです。


Smile Pretty For The Devil
Tie My Rope

などもかっこいいです。
「Smile Pretty For The Devil」 に至っては、アレキシ(Vo,G)は 「この曲はBODOM自身よりBODOMらしい曲」 と言っているそうです。


本作のキラータイトルは9曲目

Roadkill Morning

アーティストの意向により歌詞がないそうです。
どんな歌詞なのでしょうか?

8曲目からの繋がりが何か非常にいいです。
曲調は非常に早くアグレッシブ。
もっと唐突な終わり方でも良かったと思う。
唐突に始まったから。

このアルバムも賛否両論が激しいですが、私は好きです。
Hate Crew Deathroll」 で振り上げた鎌を 「Blooddrunk」 で下ろした Children Of Bodom は何処に向かうのか?



Blooddrunk
posted by 夢 at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Children Of Bodom

2008年03月06日

Children Of Bodom ‐ Are You Dead Yet? レビュー

2005年の 渋谷AX のスタンディングにも行きました。

北欧メロディックデスメタル

Children Of Bodom

2005年は COB の他に、 Arch Enemy とか、 Yngwie Malmsteen とか Queen とか、翌1月には ドリームシアター が来日したという当たり年。
全部はとても行けなかったので、選択したのが Children Of Bodom 、 Queen 、 ドリームシアター でした。

Children Of Bodom 参戦の決め手になったのは、 セカンド 「Hatebreeder」 に入っていた

Children Of Bodom 

という曲。

最初に聴いた時は衝撃でした。
デスは殆ど聴きませんでしたが、この曲は聴けました。
今でも聴いている名曲。



Children Of Bodom/Hatebreeder


結局、渋谷AXでは 「Children Of Bodom」 は演奏しませんでしたが、近くで見るデスは迫力がありました。

何か、ステージから○○など、いろいろなものを飛ばしてましたね。
でも、渋谷AXは思ったより激しくなかったです。
地方のスタンディングの方がよっぽどハードだったという感想デス。



Children Of Bodom の新作がなかなか出ないと思ったら、2008年4月に発売決定!

このアルバムはドリームシアターにも近いかもしれない?
ハードコア + 美しいメロディーライン
かなりアグレッシブですね。

ブラッドドランク



Children Of Bodom/Blooddrunk



というわけで、今回は模索状態だった5作目のアルバム、

Are You Dead Yet?


初期のCOBを愛するものとしては、違うバンドのようです。
これがモダン化というものか?
そして、ヘビィー、ブルータル。
でも、COBらしさが溢れている。


If You Want Peace...Prepare For War

アグレッシブなナンバー。
最近のドリームシアターが好んで書くような曲です。


後半の3曲はテンション上がります。
名曲揃い。

Bastards Of Bodom

恒例のBodomシリーズ。
やっぱり、COBは他のバンドとは違い、不思議な感じがします。

遠い昔のボドム湖の殺人事件は…
俺には、理由などいらない、お前に理由を教えることもない
俺の鎌の刃でお前を地獄へ連れて行くだけだ!

なんて、素敵な攻撃力。

Trashed, Lost & Strungout

We're Not Gonna Fall


これですね。
これですよ。
やっぱり。
COBは。


カバー2曲も注目!

Oops! I Did It Again」 ブリトニー・スピアーズのカバー
Talk Dirty To Me」   ポイズンのカバー

そう来ますか?
COBの手にかかると別物になります。
これも才能なのでしょう。




Children Of Bodom/Are You Dead Yet ?

posted by 夢 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Children Of Bodom

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。