ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2008年06月10日

Turisas -  The Varangian Way レビュー

Turisas の2ndアルバムになります。

デビュー作の 「Battle Metal」 は打ち込みと思われるゲームのような音楽、しかしそれを上回る曲展開やバイオリン、アコーディオンを絡ませた究極のプログレには笑わ…いや、衝撃を受けました。

こういうバンドの2枚目は、どんな作品になるかと期待しました。

Turisas

The Varangian Way


最初の感想。
あれ?普通だ、普通過ぎる!
ライ?、ライ、ライ、ララララーイ は?

大分、音楽が成長しました。
展開は前作同様、プログレ色が強いのですが、このバンドに求めていたのは意外性だったので、普通に納まるにはまだ早すぎる!

それでも2回、3回と聴いているうちにやっぱり変わったバンドだと思うようになりました。

Cursed Be Iron
In the Court Of Jarisleif

など、旅の情景が目に浮かぶようです。

一枚がコンセプトアルバムになっているのですが、後半に一気に盛り上がります。

Five Hundred And One
Dnieper Rapids

…やっぱり、いいんじゃないこのアルバム。

私の評価をガラッと変えたのはこの曲。
今年聞いた中では間違いなくNo.1。
キラータイトル。

Miklagard Overture

最後を締めくくるのにふさわしい曲です。
苦しみぬいたこの旅の最後に、感動的な最高の世界(曲)が待ってました。
最後の 美しいクワイア は必聴です。

今後も楽しみなバンドですね。




Turisas/Varangain Way (HMV)
Turisas/Varangain Way (Amazon.co.jp)

posted by 夢 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Turisas

2008年02月25日

Turisas - Battle Metal レビュー

衝撃でした。
こんなバンドが今まであったでしょうか?
ファーストインプレッションもとにかく最高!
真面目なのか、不真面目なのか?
美しいのか、熱いのか?
オペラなのか、デスなのか?
プログレなのか、ギャグなのか?

どれも正解!

Turisas 

Battle Metal

これが、デビューアルバムということです。

本当は、評判が高い Turisas の 2nd 「The Varangian Way」 を買おうと思っていたのですが、Turisasを調べていたら、1stのタイトルが何と 「Battle Metal」。

バトゥーメトゥー!?

即、買い決定!


As Torches Rise

ゲーム、映画のサントラのようでもあります。
基本はデス声なのですが、メロディは情緒的。
素晴らしい!
オープニングから、何かを期待させてくれます。


Battle Metal

表題作。
正式名称 バトゥーメトゥー。

最初のコーラスから只者じゃないセンスが。
美しいデスメタル。
クリーンなデスメタル。
この旋律で何故、デスなのデスか?
さあ、長槍を持って一緒にバトゥーメトゥー。


The Land Of Hope And Glory

バイオリン登場!
展開が変。
変拍子の嵐。
ラ、ライ? ライラララ〜イ! ライ、ラ〜イ!
藤崎マーケットですか?
ありえないコーラスだ!

ボーカルまで、オ、ラーイ
ハハハハハハハハハハハハ。

いやー、いいなぁ。これ。


The Messenger

美しい旋律に…、以下同文。


Midnight Sunrise

キラータイトルです。
プログレとスラッシュとデスとバイオリンとアコーディオンと私。

間がたまらない。
静と動の美しさ。
流麗とはこのことです。

ボーナストラックに 「Midnight Sunrise ライブバージョン」 もあります。
こりゃまた、別の意味でなんじゃこりゃー。


Rex Regi Rebellis

ファーストのエンディング曲。
セカンドには、 「Rex Regi Rebellis(Finnish Version)」 と言うものが収録されています。
ライブで、盛り上がるであろう名曲。
特に終了寸前。
テンションを上げざるをえない。


デビューアルバムですが、半端じゃありません。
とにかく普通じゃないです。
凄すぎて思わず、笑ってしまった。
しっかりとした美しい旋律とメロディの中に、何故か熱いデスメタル。
バイオリンとアコーディオンもある。
そして、壮大なクワイア。
全編を通して語られるライ音頭。

新ジャンル誕生!

ライ・プログレ。

これだから、プログレッシブ・メタルはやめられない。
Turisas は私が好きだった民族プログレッシヴ・(デス)メタル・バンド 「Orphaned Land」 を軽く抜いてしまいました。

99点×2




Turisas/Battle Metal (HMV)
Turisas/Battle Metal (Amazon.co.jp)


posted by 夢 at 20:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | Turisas

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。