ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2015年12月27日

2015年ベスト3 BABYMETAL、パスピエ そして 凛として時雨

年度別のベスト3の記事を書くのは2012年以来です。

その間、新生Dream Theater の新作なども聞いており、確かに良いアルバムもあるのですがどうしても旧メンバーのアルバムと比較してしまいランキングしにくいこともあったので、記事は控えていました。
ただ来年は、新生Dream Theater では初のコンセプトアルバム 「The Astonishing」(発売予定日は2016年1月29日)がでるので非常に期待しています。

ジ・アストニッシングジ・アストニッシング
ドリーム・シアター

ワーナーミュージック・ジャパン 2016-01-29
売り上げランキング : 119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2015年にかけては、日本産の変わったバンドを良く聴いていたので、特に気になったアーティストを紹介します。

3位 BABYMETAL

話題になっているので知っている人も多いとは思います。
人気も高いです。
自分としてはとても評価しにくいですが、確かにメタルです。
ギターソロなど、バンドとしても非常にしっかりしています。

ライブDVDも見ましたが、歌詞や振付などを見ていると、どうしていいか困るところがあります。
(5の前は4とかいわれても困りますが、アイドルとメタルの融合がコンセプトとは、こういうことも含むのでしょう。)

日本調のメロディーラインと、とても個性的な 「合いの手」 をはさんだ日本産メタルです。
個人的には 「紅月」、「ヘドバンギャー」、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」 が良いです。

特に「イジメ、ダメ、ゼッタイ」 はストレートなメタルで名曲です。

BABYMETAL(通常盤)BABYMETAL(通常盤)
BABYMETAL

トイズファクトリー 2014-02-25
売り上げランキング : 150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




2位 パスピエ 「演出家出演」

最新作 「娑婆ラバ」 は買ったのですが、自分の中でのあまりのリピート率の高さに5枚のアルバムすべて聴きました。
その中でも 「演出家出演」 の S.S にはまいった。
いきなり目が覚めた。

演出家出演(通常盤)演出家出演(通常盤)
パスピエ

ワーナーミュージック・ジャパン 2013-06-11
売り上げランキング : 4726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ピチカートファイブ、椎名林檎(東京事変)、奥華子、つじあやの、なども過去、そして現在もこよなく愛した(ハードリピートしたのは主に前者2つですが…)自分にとっては、懐かしさを彷彿とさせるものでした。

これからも要注目。

好きな曲は (あえてアルバムの順番も関係なく、思いついた順でつらつら書きます)
トーキョーシティー・アンダーグラウンド、贅沢ないいわけ、手加減の無い未来、裏の裏、トキノワ、S.S、名前のない鳥、YES-NO、MATATABISTEP、△、誰?
などです。

最新作「娑婆ラバ」には ライブDVDもついており、そこには、「S.S」他、上記にあげた名曲も多数入っており、非常におすすめです。

娑婆ラバ(初回完全限定生産盤)(DVD付き)(パスピエ謹製ふろしき付き)娑婆ラバ(初回完全限定生産盤)(DVD付き)(パスピエ謹製ふろしき付き)
パスピエ

ワーナーミュージック・ジャパン 2015-09-08
売り上げランキング : 2930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




1位 凛として時雨 「Best of Tornado」

最近、聴き始めましたが、「凛として時雨」 が 1位です。
とてもインパクトがあります。
切り裂くようなツインボーカルがとても興味深い、スリーピースとは思えないほどの素晴らしいバンドです。

「Best of Tornado」 は捨て曲なしの完璧なべストアルバムでした。
自分の場合、初見のアルバムはダレテきて、すぐ次の曲に飛ばしたりしてしまうことも多いのですが、このアルバムに関してはそれがなかったです。

正直震えた。

この歳になってここまで驚いたのは久しぶりです。
このスピード感、リズム、曲展開、雰囲気、歌詞、全体に漂い続ける哀愁、しぼり出すボーカルとつぶやき、など全てが自分の好みにぴったり。

バンドメンバーを調べると影響を受けた人は、東京事変、中島みゆき、小谷美紗子、X JAPAN、尾崎豊、電気グルーヴ、LUNA SEAなど。ドラムのピエール中野さんは前述の BABYMETAL とも共演しているとWikiにありました。
中島みゆき、椎名林檎(東京事変)、X JAPAN、尾崎豊なども過去、そして現在もこよなく愛した自分にとっては… 以下同文。

特に、「abnormalize」、「鮮やかな殺人」 の2曲がお気に入りで今でも頭の中でハードリピートしています。


音楽の奥深さと自分が知らない素晴らしい音楽がまだたくさんあることに感動しています。



Best of TornadoBest of Tornado
凛として時雨

SMAR 2015-01-13
売り上げランキング : 13922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


来年もいい曲に出会えますように…。

posted by 夢 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年度別ベスト3

2012年12月31日

2012年ベスト3 〜 第1位 Judas Priest やはり魂を震わすことができるのはメタルでした

毎年恒例の2012年度に聴いてみたベスト3を記事にしたいと思います。

今年はドリームシアターやシカゴのライブに行き、ライブの良さを再認識した年でもあります。
後半は昔聞いていたメタルバンドの曲が無性に聞きたくなり頻繁に聞いていました。

それが、 「メタル・ゴッド」 Judas Priest です。



第3位 Dream Theater 「Live at Budokan」

ドリームシアターの2004年の武道館ライブ映像です。
2012年の新生ドリームシアターライブに行って感動したので、(DVD版も持っていましたが)このBlue-ray盤も買ってみました。

「ドリームシアター ライブ」 のレポートはこちら

もともと、このDVDは映像も音も綺麗だったのですが、Blue-ray になってさらに高精細になりました。
2千円以下で安いのもポイントです。
個人的には一番好きなドリームシアターのDVD 「Score」 の Blue-ray 化も期待したいです。

やはり音楽はライブだ!

Live at Budokan [Blu-ray] [Import]Live at Budokan [Blu-ray] [Import]
Dream Theater

Eagle Rock Ent 2011-10-18
売り上げランキング : 4404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Dream Theater ブルーレイ&DVD (Amazon.co.jp)



第2位 ヒャダイン 「ヒャダインのじょーじょーゆーじょー」

メタルでもプログレでもないですが、年初はヒャダインにはまりましたのであげときます。
iPodの再生回数だけみると、今年だけでこの曲は100回以上聞いていました。
いわゆるめちゃくちゃな曲で転調も激しい凄い曲です。
最初聴いたとき、何が起きているか良くわかりませんでした。
調べてみると、前山田健一(ヒャダイン)は一人で男性、女性のボーカルをこなし(正確には回転数を変えて声のトーンを調整している)、現代でしかできないことをやって曲を作っています。
これが新世代の音楽スタイルなのでしょうか?

なお、京都アニメーションのアニメ「日常」の主題歌です。
正確には「日常」にはまったといったほうが正しいのですが、オープニングアニメとこの曲が非常に合っていたので妙にはまりました。
ただ、このマイブームはNHKの放送とともに終わりました。

その後、ドリームシアターのライブに行き、音楽の方向性については軌道修正しました。

このままいくと違う方向にいくところだった。
やはり、音楽は打ち込みでは魂は震えない。
でも、この曲にはまったことは事実です。

今聞いてもいいものはいい。

一応、記録には残しておきたいので2位にしておきます。
おまけの 「ヒャダル子のじょーじょーゆーじょー」 もいいです。
自分の中で矛盾を感じつつも、音楽の奥深さにはまいる。
その当時聞いていた環境、精神状態、映像などにも影響されるのが音楽です。

ヒャダインのじょーじょーゆーじょーヒャダインのじょーじょーゆーじょー
ヒャダイン

ランティス 2011-08-03
売り上げランキング : 13570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒャダイン (Amazon.co.jp)



第1位 Judas Priest 「Painkiller」

「メタル・ゴッド」 Judas Priest 1990年のアルバム。
2012年にリマスターされたので再度聴いてみました。
「Painkiller」はもともと好きな曲で、 Judas Priest 一番の最高傑作と思っていますが、この曲が入っているアルバムもとんでもないレベルです。
改めて見直しました。

Painkiller から始まる前半は息もつかせない疾走。
Night Crawler、One Shot At Glory など後半もメロディアスで捨て曲なし。
掛け値なしの名盤です。


他の有名なアルバム

Screaming For Vengeance
Defenders Of The Faith
Sad Wings Of Destiny

もハードリピートしていましたが、やはり私は 「Painkiller」 だ。
歌詞もチープさの中に深みがあり良いです。
出だしから、ジャケットに示すような怒れる半機械人がいきなり出てきた時には卒倒しました。
メタルモンスターにまたがり、炎と煙を吐きながら復讐に燃えている。

そう、彼こそがペインキラーなのです!

私は感覚で音楽を聴いているので、神に対してこれ以上細かいことを言うつもりは毛頭ありません。
ただ、神と称されるのには理由がある。
昔、持っていた熱い魂は幾つになっても忘れてはならないと思いました。

ペインキラーペインキラー
ジューダス・プリースト

SMJ 2012-02-15
売り上げランキング : 53471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Judas Priest (Amazon.co.jp)



では、燃えるように熱い良いお年を。



ハードロック・ヘビーメタル (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年度別ベスト3

2011年12月23日

2011年ベスト3 〜 第1位 Rhapsody of Fire From Chaos To Eternity

毎年恒例の2011年度に聴いたCDのベスト3を記事にしたいと思います。
今年は当たり年で、ドリームシアターを筆頭に自分の好きなバンドが相次いで新作を出すので非常に嬉しかったです。


第3位は2つあります。

第3位 Symphony X 「Iconoclast」

Symphony X の新作(8th)。
2枚組の大作ですが、曲のトータル時間は82分43秒とそれほどでもないです。
ただ、いまだにコンセプトアルバムを作り続けてくるこの姿勢には頭が下がります。
一曲目の 「Iconoclast」 は素晴らしいです。
本アルバムも Symphony X 節が炸裂。
凄いテクニックのプログレメタル満載でちょっと後半は疲れてしまうほどです。
しかし、聞き込むほどに魅力が出てくるアルバムであることは間違いないです。




Symphony X/Iconoclast (HMV)
Symphony X/Iconoclast (Amazon.co.jp)



第3位 Turisas 「Stand Up And Fight」

ヴァイキングメタルの雄 Turisas の新作(3rd)。
最初に聴いたときは、今年一番の傑作だと思いました。
特に、 「End Of An Empire」 の素晴らしいシンフォニック・クワイア曲。
2nd に入っていた 「Miklagard Overture」 のクワイアを聞いたとき背筋が震えましたが、今作はそれをも超えました。
Turisas はアルバムを出す度にとてつもなく成長していくので、最も期待しているバンドです。




Turisas/Stand Up & Fight (HMV)
Turisas/Stand Up & Fight (Amazon.co.jp)



第2位 Dream Theater 「A Dramatic Turn Of Events」

新生ドリームシアターの第1作、通算11作目。
ポートノイの毒が消えて、とても鮮麗されたバンドになりました。
ベースラインがとても良く聞こえます。
Breaking All Illusions」 は必聴です。
ちょっとインパクトに欠けますが、プログレの名盤であることは間違いないので第2位。




Dream Theater/Dramatic Turn Of Events (HMV)
Dream Theater/Dramatic Turn Of Events (Amazon.co.jp)



第1位 Rhapsody of Fire 「From Chaos To Eternity」

Rhapsody 時代のデビューから14年続いた 「エメラルドソードサーガ 〜 ダークシークレットサーガ」 のシリーズを締めくくる最終章。
最後 「Heroes Of The Waterfalls' Kingdom」 は、究極の曲でした。
今年はこの曲をハードリピートしており、おかげでレビューにも相当力が入ってしまいました。
1日1回聞かないと落ち着かないほどでした。

文句無しに今年第1位の名盤、名曲です。




Rhapsody Of Fire/From Chaos To Eternity (HMV)
Rhapsody Of Fire/From Chaos To Eternity (Amazon.co.jp)



2011年は、新生ドリームシアターのスタート年です。
ペトルーシのコメントを聞いていると、コンセプトアルバムは期待できないようですが、それでも私は今後を期待しています。


今年は本当に名曲揃いの当たり年で、

Turisas 「End Of An Empire
Dream Theater 「Breaking All Illusions
Rhapsody of Fire 「Heroes Of The Waterfalls' Kingdom

この3曲をヘビーリピートしていました。
2012年も名曲の誕生を期待します。

では、良いお年を。




ハードロック・ヘビーメタル (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 17:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 年度別ベスト3

2010年12月29日

2010年ベスト3 〜 第1位 Helloween 7sinners

毎年恒例の2010年度に聴いたCDのベスト3を記事にしたいと思います。


第3位 木村カエラ 「5years」

TREE CLIMBERS」 という歌が聴きたいために買ったアルバムです。
東京モード学園のCMソングでしたが、妙に気に入っていました。
見事にプログレしている良曲なので、是非一聴を。

BEST ALBUM 「5years」 (初回限定版2枚組)BEST ALBUM 「5years」 (初回限定版2枚組)
木村カエラ スチャダラパー+木村カエラ 木村カエラ feat.ILMARI Curly Giraffe

コロムビアミュージックエンタテインメント 2010-02-03
売り上げランキング : 1056

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



第2位 OASIS 「Time Flies...1994-2009」

OASIS 解散のニュースが飛び込んだときに予約して購入したアルバムです。
まあ、懐かしい歌が多いです。
日本でも有名なので、一度は耳にしたことがあることでしょう。
やっぱりNo.1は 「Whatever」 かな?

タイム・フライズ・・・1994-2009タイム・フライズ・・・1994-2009
オアシス

SMJ 2010-06-09
売り上げランキング : 6554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



特別賞 Iron Maiden 「ファイナル・フロンティア」

アルバム・デビュー30周年記念。
約4年ぶりのニュー・アルバム。
何かと話題になりました。

曲はまあ…。
プログレ風味な曲も多いです。
メタルへの功績と30周年を記念して2010年の特別賞に。

ファイナル・フロンティアファイナル・フロンティア
アイアン・メイデン

EMIミュージックジャパン 2010-08-18
売り上げランキング : 13821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



第1位 Helloween 「7sinners」

デビュー25周年でこれほどのアルバムが作れることに感動しました。
歌詞もストレートでいいです 「Are you metal?」。
最後の 「Far In The Future」 は歴代Helloween中で最も好きな曲になるほど破壊力がありました。

ダントツで1位の名盤です。


7シナーズ7シナーズ
ハロウィン

ビクターエンタテインメント 2010-10-27
売り上げランキング : 42064

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


7 Sinners (Amazon.co.jp)


2010年は、マイク・ポートノイがドリームシアターから脱退するなど衝撃の年でした。

来年はどうでしょうか?
良い曲が誕生することを祈って。

良いお年を。

posted by 夢 at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年度別ベスト3

2009年12月27日

2009年ベスト3 〜 第1位 Dream Theater Black Clouds & Silver Linings

今回は、恒例の2009年度に聴いたCDのベスト3を記事にしたいと思います。

第3位 Children Of Bodom 「Blooddrunk」

Children Of Bodom の2008年度作品。
ちょっと、今までとは雰囲気が違いますがなかなかの名作です。
このアルバムのレビューでは、鎌を振り下ろした Children Of Bodom が何処に向かうのかと私は言いましたが、2009年はカバー集のアルバムを出すという暴挙に出てしまいました。

うーん。
今後に期待します。

ブラッドドランクブラッドドランク
チルドレン・オブ・ボドム

UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M) 2008-04-09
売り上げランキング : 153616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Blooddrunk


第2位 大槻ケンヂと絶望少女達 「かくれんぼか鬼ごっこよ」

「さよなら絶望先生」というアニメの歌になりますが、これはヒットでした。
おかげで昔の 筋肉少女帯 の作品もしばらくリピートして聴くようになってしまいました。

「ニート釣り」
「人として軸がぶれている」
「空想ルンバ」
「空想ルンバ・らっぷ」

この4曲はハードリピートしていますが、今は1曲目の「ニート釣り」が最も気に入っています。
おすすめ。



大槻ケンヂと絶望少女達/かくれんぼか鬼ごっこよ (HMV)
大槻ケンヂと絶望少女達/かくれんぼか鬼ごっこよ (Amazon.co.jp)



第1位 Dream Theater 「Black Clouds & Silver Linings」

今年のNo.1は、何といっても ドリームシアターの最新作
メロディーラインが戻ってきたドリームシアターは最強です。
最近駄作が続いていましたので、本作品が駄目ならこのブログも辞めようかと思っていましたが、そんなことは杞憂に終わりました。
ドリームシアターのアルバムの中でも、BEST3に入るこの作品。

当然ながら、本年度No.1です。



Dream Theater/Black Clouds & Silver Linings (Ltd) (HMV)
Dream Theater/Black Clouds & Silver Linings (Ltd) (Amazon.co.jp)



上記で紹介した各アルバムや詳細レビューは、左記でカテゴリー別にまとめていますので参考にどうぞ。
では、良いお年を。
posted by 夢 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年度別ベスト3

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。