ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2007年11月23日

The Beatles - Abbey Road レビュー

ビートルズ は、誰でも知っているバンドだと思います。
こんなに数多くのバンドに影響を及ぼしたアーティストはいないでしょう。

その中でも、私が好きなアルバムは、

Abbey Road(アビーロード)

実質、ビートルズの最後のオリジナルアルバム。

ジャケットでポールが裸足であることから、ポールは死んだんじゃないかとかいろいろな憶測が流れました。

ドリームシアター もアビーロードを歩いているDVD 「Twice In A Livetime」 がありましたね。
確か、ポートノイが裸足になってはしゃいでいました。



Dream Theater/Twice In A Livetime


Abbey Road」 は実質上最後のアルバムでありながら、最高傑作だと思います。
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」 をも凌ぐ。

ポール、ジョンの曲が凄いのはもちろんのことなのですが、ジョージ・ハリソンの才能が大開花しています。
Something
Here Comes The Sun

ジョージのキラータイトルですね。


ただし、Abbey Road(アビーロード)最も好きなのは、

You Never Give Me Your Money

〜 The End


まで。

You Never Give Me Your Money の展開も素晴らしい。
そして、The End

これは、言葉どおりビートルズの The End でした。
(隠しトラックには、 Her Majesty という女王陛下を口説く23秒の歌がクレジットされています。これも大変良い)

名作アルバムです。



余談

昔、知り合いにストーンズ好きな人がいましたが、何故かビートルズを聴きませんでした。
私は、ビートルズは聴いていましたが、ストーンズは聴きませんでした。
正確には聞きましたが、何か来るものがありませんでした。

ちなみに私は、ビートルズでは、ポールが一番好きです。
ヘビーメタルの元祖と言われている、ヘルター・スケルター (Helter Skelter) も書いていることだし。
いろいろ言われていますが、ポールの音楽センスは群を抜いています。
偏見無しに素直に聞けばその才能に驚かされること多数です。




「結局、最後にはあなた自身が与えた愛と同じ数の愛を、あなたは得る。」

THE END




Beatles/Abbey Road
posted by 夢 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | The Beatles

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。