ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2007年09月22日

Orphaned Land - Mabool - The Story of Three Sons of Seven レビュー

今日は、民族プログレッシヴ・(デス)メタル・バンド 「Orphaned Land」 の3rd

Mabool - The Story of Three Sons of Seven

このアルバムは好きです。

プログレッシブ・メタル であることは確かだし、ボーカルのパンチはないですが、上手い。
普通に歌えば、それはとても上品なボーカルなのですが、突然デス声に変わる。
ボーカルだけで楽しめます。

Kobi Farhi というボーカルですが、これは希少価値の高い人です。
インパクト大。
さらに曲調もギターも精錬されとても聴きやすい。
東洋風味もあるプログレッシブ・半デスメタルです。


The Kiss Of Babylon

バビロンと聞くと、 Rainbow を思い出してしまうのですが、それを凌駕できる位の美しさがあります。
ツインボーカルにデスとノーマルの2色の声を出す Kobi Farhi 
それでいて、ノスタルジック。
ララララララララララララララ。

Halo Dies /A Call To Awake

ノーマルとデスの掛け合い。
メロディライン、展開、ギターも大好きです。
とても上手いですね。

Mabool

表題曲。
流麗なギター、コーラスがとても心地良いです。

The Storm Still Rages Inside

Mabool の流れを汲んだ傑作。


最近、改めて 「Mabool - The Story of Three Sons of Seven」 をリピートして聴いているんですが、やっぱり凄いですね。
奇跡のアルバムです。

92点

一番最後のトラックに Rainbow という曲があるのは偶然でしょうか?



Orphaned Land/Mabool

posted by 夢 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Orphaned Land

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。