ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2007年01月05日

RAINBOW RISING(虹を翔る覇者) レビュー

1970年代のHR界の三大巨頭が一同に会した奇跡のバンド
RAINBOW(レインボー)
様式美的ハードロックの完成型

「RAINBOW RISING(虹を翔る覇者)」

この頃のレインボーはメンバーがとんでもない。

ドラム  コージー・パウエル
ギター  リッチー・ブラックモア
ボーカル ロニー・ジェイムス・ディオ(Wryyyyy)


リッチー・ブラックモア

ディープ・パープルのギタリストとして有名です。
ライブの終わりにギターを破壊していた狂気のギターリストです。
ある意味感動します。
後期になってリッチーがポピュラー・ミュージックを好んだのが残念でなりません。
また、 ドリームシアター は2006年1月の東京公演でディープ・パープルの 「Live in Japan」 をフルカバーしたことで話題になりました。

コージー・パウエル 

まぎれもなく世界最高峰のドラムス。
残念ながら、交通事故で亡くなっています。
ドリームシアターのマイク・ポートノイ もすごいテクニックを持っていますが、比較することは私にはできません。

ロニー・ジェイムス・ディオ

声量も抜群で世界屈指の絶対音感中音域ボーカリストとして有名です。
後に ブラック・サバス のボーカルもしました。


私が、このアルバム 「RAINBOW RISING(虹を翔る覇者)」 が好きな理由は、生涯最も聴いた曲が入っているからです。

その曲名は…

「A Light In The Black」

アナログレコードの時にB面を占めていた
Stargazer
A Light In The Black
この2曲はストーリーも繋がっています。
2曲のコンセプト組曲です。
「だまされた男が魔力から覚め、幽閉された塔から脱出(家に帰る)」
ような感じの歌詞だと記憶しています。

もう、説明不要でしょう。
中盤部(2分40秒近辺)から始まるコージー・パウエルの強烈なツーバスとリッチー・ブラックモアのバトルがものすごく好きです。
この曲で別世界に何回行ったことか。

私が ドリームシアター で、音の洪水系が好きな理由はこの曲がベースにあるからです。
コージーに匹敵する マイク・ポートノイ の存在は大きい。

A Light In The Black」 は生まれて初めて聴いたバトル系の歌です。
この曲で音楽は格闘技だということが分かりました。
何回リピートして聴いても飽きることがありません。
是非、一聴を。



Rainbow/Rainbow Rising - Remaster (HMV)
Rainbow/Rainbow Rising (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(2) | Rainbow

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ