ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2006年11月25日

メトロポリス・パート2 (ドリームシアター Dream Theater - Metropolis Part2 : Scenes From A Memory)



ドリームシアター といったら、2nd 「Images & Words」 か 5thである

「Metropolis Part2 : Scenes From A Memory」

(メトロポリス・パート2)


でしょう。

個人的には、圧倒的に 「メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory)」 の方が好きです。

第二期ドリームシアターの記念すべき1作目です。
このアルバムから自由な作風に磨きがかかり、現在に至っています。
ドリームシアター といえば、長い曲というのが有名ですが、このアルバムはコンセプトアルバムなので、全てつながっています。
長いです。

全部で

77分7秒

あります。
聴くときは、最後まで77分7秒を通して全部聴くのがお勧めです。


メトロポリス・パート2 歌詞の意味


最初に、催眠療法士が出てきます。

主人公「ニコラス」は 「怖い夢」 に悩まされている。
催眠療法でその原因を探り、「怖い夢」の真実を追究するのがメインテーマです。


主な登場人物は

ニコラス    主人公
ヴィクトリア  ニコラスの前世 何者かに惨殺される。
スリーパー   ヴィクトリアを愛す
ミラクル    ヴィクトリアを取り合う スリーパーとは兄弟


主人公「ニコラス」は、「ヴィクトリア」という少女の生まれ変わりです。
「スリーパー」と「ミラクル」は兄弟です。
2ndアルバム 「Images & Words」 の 「Metropolis」 に登場しています。

これを理解したうえで、歌詞を解読してください。


曲目は全12曲

Regression
Overture 1928
Strange Deja Vu
Through My Words
Fatal Tragedy
Beyond This Life
Through Her Eyes
Home
The Dance Of Eternity
One Last Time
The Sprit Carries On
Finally Free

全ての曲と歌詞が繋がり、ドラマチックに展開していきます。


私が演奏技術的に好きなのが、

Fatal Tragedy
The Dance Of Eternity
Finally Free

の3曲です。


「Fatal Tragedy」

後半にとんでもなく異常な盛り上がりを見せる曲。
人間技ではありません。
ライブ盤では、ぺトルーシが音を外すほどです。
後半のこれでもかこれでもかという音の洪水は、聴くものを別の世界に誘います。
始まりから終わりまで死角はありません。

完璧です。

ドリームシアターでこの曲を聴け と言われれば、これをまず薦めます。


「The Dance Of Eternity」

インストゥルメンタルです。
スタジオ録音では2分録音して止めて、その繰り返しで編集して作ったということ。
この演奏を連続して続けるのは、とても人間が出来る領域を超えているので仕方がないのかもしれません。
しかし、ドリームシアターは只者ではなかった。
なんとライブでは、この 「The Dance Of Eternity」 を初めて連続して演奏してしまったのです。
この衝撃映像は、 ドリームシアターのDVD 「メトロポリス2000」 で是非見てください。




Dream Theater/Metropolis 2000: Scenes From New York (HMV)
Dream Theater/Metropolis 2000: Scenes From New York (Amazon.co.jp)



「Finally Free」

本当の自由、Finally Free(最後の自由)は何なんでしょうか?
このアルバムは ”輪廻転生” がテーマです。
でも、死んでも生まれ変わって一緒になろうね。
的な甘いものではありません。

ネタばれになるので、反転させます。↓

輪廻転生。
そして、”業(カルマ)”です。

謎が解けたかに見えたニコラス。
しかし、ニコラスは最後に殺されます。
それが、Finally Freeの最後。

ニコラス = ヴィクトリア

一体誰が?

でも、本当の(最後の)自由なんてないです。
死は自由ではありません。


なお、感想は主観です。
私はそう感じました。


全貌はCDの曲(歌詞)を聴いただけでは分かりません。
実はDVDに真の回答があります。
是非セットで聴いて下さい。
やはり、このアルバムはDVDと2つあわせて、ドリームシアターの最高傑作になりえます。

ドリームシアターのDVD 「メトロポリス2000」 中の 「Dance of Eternity」 で彼等の演奏技術を見て、ぶっ飛んでください。

そして…
「Finally Free」
果たして、結末は?




Dream Theater/Metropolis Part 2: Scenes From A Memory (HMV)
Dream Theater/Metropolis Part 2: Scenes From A Memory (Amazon.co.jp)


衝撃のDVD 「メトロポリス2000 レビュー」 はこちら



posted by 夢 at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | Metropolis Part2

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ