ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2013年10月13日

ドリームシアター Dream Theater レビュー

Dream Theater の新譜を今まで繰り返し聞いてきました。
セルフタイトル「Dream Theater」にするほど良いアルバムなのか?
最初に聞いたときふと疑問に思ったからです。
今回は20回くらい聴いたので、正式なレビューをします。

Dream Theater レビュー

自分のブログタイトルと同じになってしまった。
これを望んでいたところもあります。
昔、新生メタリカも、4th メタルジャスティスの次に、の5th(新2nd)はセルフタイトルアルバム「Metallica」を発売しています。

これをトリビュートしたのか偶然なのかは分かりませんが、ドリームシアターもセルフタイトルアルバムを発売してきました。
今回は、それに見合った内容なのでしょうか?
以下は、全曲の感想です。

Dream Thater 新譜


False Awakening Suite

1曲目。
短めのインスト。
ちょっと驚いたが良作。


The Enemy Inside

2曲目。
初聴で一番いいと思った曲、メロディアスで凝っています。
ちょっと、いままでのドリームシアターでは聴けなかった感じの曲です。
でも、聴いているうちにこれがキラーチューンというというわけではないと思いました。


The Looking Glass

3曲目。
これは初期を思い出させるドリームシアターらしい名曲です。
最初、ポップで嫌な印象を持ったのですが、メロディアスな素晴らしい曲です。
Rush系のドリームシアターの王道曲。
展開も素晴らしい。
特にギターパートが好きです。


Enigma Machine

4曲目
むやみにハードな曲。
これはちょっと苦手。


The Bigger Picture

5曲目。
壮大なバラード。
中盤に持ってくる曲ではない感じがしました。
最後の曲だったとしても納得します。
展開も良いです。


Behind The Evil

6曲目。
中盤がだれるというのが、このアルバムによく言われる特徴でしたが、何回か聴いているとそんなことはないです。
この曲も途中からハードな展開になり、驚かされました。
私は音響用に改造した車の中でCDを聴くのがほとんどです。
それしか聞く時間がとれないのですが、この曲の途中でエンジンを切って、帰りに途中からこの曲聞いたのですが、なんだこの名曲は?と不意に思ってしまいました。
後半の4分50秒くらいのところからです。
良いメロスピだなと。
非常に驚きました。
でも、最初から通して聴くとそれほどでもないと思ってしまうのは何故なのでしょうか?


Surrender To Reason

7曲目。
これも初期DTにあるような曲で、お気に入り。
何回も聞いていると好きになりました。
これも良いメロディを持っています。
3分辺りでハーハー言い始めたときは飛ばそうかと思いましたが、そこからの後半にかけて怒涛の展開が待っています。
でも、聴き流すと聴き流してしまう不思議な曲。


Along For The Ride

8曲目
特に印象がない曲。


Illumination Theory

9曲目
本アルバム最長曲かつ問題曲。

Octavarium
The Count Of Tuscany

の2曲を超えることができるのか?

結論。
超えることはできなかった!

確かに、良い曲です。
本アルバムのキラーチューンはこの曲でしょう。
そう思う。
でも、展開がおかしい。
なんで序盤の7分あたりに環境音楽をもってくる必要があったのか?

かなりそれまでの展開が盛り上がっていたので、何かがっかりしました。

まあ、これもメリハリの一つだろう。
いつ終わるのかな?
なんだよ。
終わらねェよ。

環境音楽が長すぎるので、子供連れて、博物館か水族館にいるような気分になってきた。
おやすみなさい。

環境音楽時間 7:00 〜 11:10

でも、また起きる時がきました。
みんなドリームシアターのユニゾンが聴きたいのです。
さあ、俺を満足させてくれ!

そこだ、そこ。
おっと、そこじゃない。
お、いいぞ。
おれのツボに入ってきた。

あー。
違うだろ。
なんだ終わってしまったぞ。

最初から7分までがピークだったようです。
まあ、なんだかんだ言って一番楽しませてくれた曲です。


X の 「ART OF LIFE」 を思い出しました。
この曲は、29分もある曲なんですが、途中(15:06 〜 24:19)の狂ったようなピアノソロがなければ間違いなく歴史に残るような名曲でした。
このソロ部分を冷静に音楽として聴くとただの不協和音ですが、このソロがなければこの曲の意味がないということも理解はできるのですが…。

そんな印象を受けたもったいない曲。

Art of LifeArt of Life
X Japan

Warner Korea 2001-07-26
売り上げランキング : 278183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




アルバム全体を通して、いろいろ考えさせられました。
全曲、非常に凝っています。
妥協しないところがすごい。

でも、たまには手抜きでもいいのかもしれません。
なんかずっと聴いていると疲れるところがあります。

足りないのは駄作を作る勇気だ!! (by 炎尾燃)

でも、駄作を作ることに慣れてしまったらお終いなので、このスタンスでドリームシアターは良いのかも入れません。

吼えろペン (サンデーGXコミックス CHRONICLE)吼えろペン (サンデーGXコミックス CHRONICLE)
島本 和彦

小学館 2010-07-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



過去のアルバムを超えたかと言われれば、超えてないとしかいえません。
セルフタイトルですが、それに見合う名作でしょうかと言われれば、過去のドリームシアターのアルバムをずっと聞いてきた自分にとっては、それほどでもないとしか言えません。
キラーチューンがないのは痛いです。

できれば、Dream Theater という曲を作って、代表作になるような曲を入れてほしかった。
そうすれば、Iron Maiden のように楽しめたのに。

Iron Maiden の iron Maiden

求めていたものは、
Dream Theater のアルバム Dream Theater の曲 Dream Theater だったのですよ。

ちょっとまじめすぎます。
マンジー二さんも機械のようなドラムは正確でまじめですね。
もうちょっと、こうくだけたシナジー効果を出せるような人材(ポートノイのような柔軟な発想の持ち主がベスト?)が必要だったのではないでしょうか?

でも、なんか新生ドリームシアターがようやく分かって来たので、これからも注目したいと思います。

ドリーム・シアター(DVD-Audio付スペシャル・エディション)ドリーム・シアター(DVD-Audio付スペシャル・エディション)
ドリーム・シアター

ワーナーミュージック・ジャパン 2013-09-18
売り上げランキング : 167

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Dream Theater/Dream Theater (Amazon.co.jp)

posted by 夢 at 19:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | DREAM THEATER
この記事へのコメント
久しぶりに取り出して聴いているうちに、他の人のレヴューが気になり、探していく中で辿り着きました。一曲一曲のレヴュー、楽しかったです。そして、「ART OF LIFE」の引き合い、まさに自分も思ったので笑ってしまいました。次回のレヴューも参考にさせて頂きたいと思います。
Posted by medeski at 2014年01月22日 22:26
コメントありがとうございます。
今回は、ちょっと変わったレビューになってしまいました。
思ったことをそのまま書いていたらこうなってしまったのですが、本心なのでそのまま変更しないで残します。

何度か聴きたくなる魔力がある名盤(迷盤)です。
Posted by 夢 at 2014年01月25日 06:54
お久しぶりです。
DTライヴ@ドイツに行ってきました。
ライヴレポートをアップしたので、お時間のある際に遊びに来てください。
Posted by オット at 2014年02月03日 06:56
コメントありがとうございます。
やっぱり、ライブレポートはいいですね。
AWAKEやMetropolis Part2 からの旧作も演奏したそうで来日が楽しみになりました。
Posted by 夢 at 2014年02月16日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ