ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2007年02月17日

Falling Into Infinity (ドリームシアター)

私にとって、ドリームシアター のアルバムで最も難解で苦手なアルバムです。
このアルバムは方向性が分かりません。

Falling Into Infinity

いろいろやりすぎて、まるで別のバンドのようです。
一枚一枚でこうも色が変わるバンドはそうそうないです。

ドリームシアターはメンバーが替わると、音の方向性もガラっと変化するという一面があります。

今作「Falling Into Infinity」では、屈指のキーボード、メロディーメーカー「ケヴィン・ムーア」が脱退して、「デレク・シェリニアン」に変わっています。

でも、一曲、一曲をよく聴いてみると良い曲もあります。

New Millennium

オープニング曲。
これは良いです。
この曲を聴いて新ドリームシアターにかなり期待しました。
ドリームシアターらしい怪しいおかしさも随所に出ています。
ぽわーん(笑)。とか。

You Not Me

相変わらずの転調に聴きやすいメロディが挿入されています。
でも、ちょっと…?

Hollow Years

ドリームシアターのバラード曲では、間違いなくNo.1です。
私は「Another day」よりも好きです。
ものすごい哀愁を感じます。

Just Let Me Breathe

ロックンロールです。
のりのりで、ドリームシアターの曲とはとても考えられないのですが、いい曲です。
なぜか、メガデス を思い出しました。


このアルバムは、製作直前にバンド内でメンバーの子供の誕生や、身内の不幸が相次ぎ、その「感情のローラーコースター」(当時のメンバーのコメント)が音楽性に影響を与えたと言われている作品だけあって、曲の出来にバラツキがあり…

何度聴いても良く分からない。


しかし、
この後、ポートノイとペトルーシ率いる限定ユニット「Liquid Tension Experiment」で一緒にジャムった、ジョーダン・ルーデスが新しいキーボードとなり、歴史的名盤のコンセプトアルバム「メトロポリス・パート2」の発売に至りました。

この「The Wizard of Keyboard」 (キーボードの魔術師) ジョーダン・ルーデス (key)が入ってからは、かなりバンドとして落ち着いたと思います。
これは、ジョーダン・ルーデスが最年長ということもあるでしょう。


ドリームシアターはどうも4枚毎に進化する周期を持っているようです。
Octavarium」 も 第二期ドリームシアター の中では4枚目(通算8枚目)になりますが、最もまとまりのないアルバムです。
但し、タイトル曲 「Octavarium」 は過去最高の出来と言ってもいいくらいのお気に入りですが…。

そういう経緯を考えると、ドリームシアターの9枚目のオリジナルアルバムは、メトロポリスパート2に匹敵する歴史的コンセプトアルバムになるのでしょうか?


■「New Millennium」「Hollow Years」は名作です。



Dream Theater/Falling Into Infinity (HMV)
Dream Theater/Falling Into Infinity (Amazon.co.jp)




この記事へのコメント
このアルバムは微妙でしたね。
でもバラード系は歌詞が好きです。
何気にアナリーが好きなんですよね...
Posted by ミュジニー at 2007年02月24日 14:25
Anna Lee 忘れてました。
確かに、このアルバムはバラード系が際立っています。
これも、メンバーの感情で全体の雰囲気が左右されてしまった結果なのでしょうか?
ドリームシアターくらいのバンドであれば、もっと良いものを出せたはずですので、あえて苦言を呈します。
Posted by at 2007年02月24日 17:28
ライナーノーツによると
売れる曲を作れ!と会社に言われたようです。
NIGHT RANGERのことを思い出してしまいました。
しかし、DTはこの次がメトロポリスですからね、随分とハードになったものです!
Posted by ミュジニー at 2007年02月24日 22:32
ミュジニーさん補足ありがとうございます。このアルバム、ライナーノーツ持ってないので…。
売れる曲を作れと言われて、売れなくなったバンドはたくさんありますね。ドリームシアターはここで空中分解しなくて良かったです。
この後のメトロポリス・パート2がなければ、私はここまでドリームシアターを好きにはならなかったので。
Posted by at 2007年02月25日 10:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ