ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2013年01月26日

Judas Priest Nostradamus(ノストラダムス) レビュー

2008年 Judas Priest 初の2枚組にしてコンセプトアルバム。
メタル・オペラ。
近年のドリームシアターですら制作しないこの大御所最後のコンセプトアルバムを最近ようやく聞いてみました。

Judas Priest Nostradamus(ノストラダムス) レビュー

悪くはないと思います。
ただ、 Judas Priest としてみれば駄作になってしまうでしょう。
ミドル・スローテンポの曲が大半で、ロバート・ハルフォード(Vo) のハイトーンシャウトはないし、キレもない。
ツインギターの魅力も一部を除いて影をひそめています。
中盤はかなりだれます。
「WAR」 からはかなりきつかった。


Nostradamus(ノストラダムス) について

ノートルダム(ノストラダムス)は 医者、薬剤師、錬金術師。
妻と子供をペストで亡くす。
Disc1 に 「Pestilence And Plagve」 という曲がありますが、ここらへんの話です。
絶望の時期なので聞くに堪えない曲が多い。

その後、再婚し3人の息子と3人の娘に恵まれる。
ノストラダムスに改名。
宮廷に仕えるが、宗教戦争で迫害を受ける。
追放、孤立。
その中で燃える向上心。
復活。
そして、四行詩を書き連ね予言書を完成させる。


「ノストラダマス」 の副題を以下に羅列する。

Disc1
創造の曙光、予言、目覚め、啓示、四騎士、戦、時の砂、ペストと疫病、死、平和、征服、失われた愛、迫害

Disc2
孤独、追放、孤立、炎の中の影、幻視、希望、新たな始まり、嵐の前の静けさ、ノストラダムス、人類の未来



Nostradamus(ノストラダムス) の キラーチューン

「Revelations(啓示)」 比較的ハイテンポな曲。
「Persecution(迫害)」 ハイテンポでツインギターも良い。
「Nostradamus(ノストラダムス)」 壮大でスピードもある良曲です。

上記のハイテンポな3曲以外は聞いていませんが、この3曲のみをハードリピートしていたら、いいアルバムに思えてきました。

特に表題曲 「Nostradamus(ノストラダムス)」 はやはり良い。
冒頭から、ハイトーンシャウトが炸裂。
そして、あの「ペインキラー」のような曲展開。

しばらくの間、 「ノォストゥラダムス、ノォストゥラダムス」 という繰り返しが頭の中でぐるぐるしてしまったのは名曲の証でしょう。


Nostradamus(ノストラダムス) の意味

「ノストラダムス」 はバンド初めてのコンセプトアルバムです。
Judas Priest が 「ノストラダムス」 をテーマにするのは謎でしたが、ノストラダムスの人生を自らのバンドの変遷と重ね合わせ、最後までやりきったアルバムと言えるのではないでしょうか?


Nostradamus、Future Of Mankind (人類の未来) から抜粋

ノストラダムス(Judas Priest)は献身、救世主、復讐の的

ついにわが人生、終焉を迎える。
任務は終わった。
この世界から、別世界へ。
しかし、予言(音楽)はこの世に残る。
私の言葉(歌詞)に耳を傾けよ。
必ず現実となるだろう。
わたしが残した伝説
人類の未来。


2011年4月20日に リードギターの一人 K. K. Downing が脱退しており、「ノストラダムス」 は事実上 Judas Priest 最後のアルバムです。

アルバム全体でいうと捨て曲もかなり多いですが、 Judas Priest らしい名曲もあります。
聴かずにいるのももったいないアルバムです。
「Persecution(迫害)」 などでみせるツインギターも良いです。

Judas Priest 最後の咆哮を是非聞いてみてください。


ノストラダムスノストラダムス
ジューダス・プリースト

SMJ(SME)(M) 2008-06-25
売り上げランキング : 126672

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Judas Priest (Amazon.co.jp)

posted by 夢 at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Judas Priest
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311364853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ