ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2012年12月31日

2012年ベスト3 〜 第1位 Judas Priest やはり魂を震わすことができるのはメタルでした

毎年恒例の2012年度に聴いてみたベスト3を記事にしたいと思います。

今年はドリームシアターやシカゴのライブに行き、ライブの良さを再認識した年でもあります。
後半は昔聞いていたメタルバンドの曲が無性に聞きたくなり頻繁に聞いていました。

それが、 「メタル・ゴッド」 Judas Priest です。



第3位 Dream Theater 「Live at Budokan」

ドリームシアターの2004年の武道館ライブ映像です。
2012年の新生ドリームシアターライブに行って感動したので、(DVD版も持っていましたが)このBlue-ray盤も買ってみました。

「ドリームシアター ライブ」 のレポートはこちら

もともと、このDVDは映像も音も綺麗だったのですが、Blue-ray になってさらに高精細になりました。
2千円以下で安いのもポイントです。
個人的には一番好きなドリームシアターのDVD 「Score」 の Blue-ray 化も期待したいです。

やはり音楽はライブだ!

Live at Budokan [Blu-ray] [Import]Live at Budokan [Blu-ray] [Import]
Dream Theater

Eagle Rock Ent 2011-10-18
売り上げランキング : 4404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Dream Theater ブルーレイ&DVD (Amazon.co.jp)



第2位 ヒャダイン 「ヒャダインのじょーじょーゆーじょー」

メタルでもプログレでもないですが、年初はヒャダインにはまりましたのであげときます。
iPodの再生回数だけみると、今年だけでこの曲は100回以上聞いていました。
いわゆるめちゃくちゃな曲で転調も激しい凄い曲です。
最初聴いたとき、何が起きているか良くわかりませんでした。
調べてみると、前山田健一(ヒャダイン)は一人で男性、女性のボーカルをこなし(正確には回転数を変えて声のトーンを調整している)、現代でしかできないことをやって曲を作っています。
これが新世代の音楽スタイルなのでしょうか?

なお、京都アニメーションのアニメ「日常」の主題歌です。
正確には「日常」にはまったといったほうが正しいのですが、オープニングアニメとこの曲が非常に合っていたので妙にはまりました。
ただ、このマイブームはNHKの放送とともに終わりました。

その後、ドリームシアターのライブに行き、音楽の方向性については軌道修正しました。

このままいくと違う方向にいくところだった。
やはり、音楽は打ち込みでは魂は震えない。
でも、この曲にはまったことは事実です。

今聞いてもいいものはいい。

一応、記録には残しておきたいので2位にしておきます。
おまけの 「ヒャダル子のじょーじょーゆーじょー」 もいいです。
自分の中で矛盾を感じつつも、音楽の奥深さにはまいる。
その当時聞いていた環境、精神状態、映像などにも影響されるのが音楽です。

ヒャダインのじょーじょーゆーじょーヒャダインのじょーじょーゆーじょー
ヒャダイン

ランティス 2011-08-03
売り上げランキング : 13570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒャダイン (Amazon.co.jp)



第1位 Judas Priest 「Painkiller」

「メタル・ゴッド」 Judas Priest 1990年のアルバム。
2012年にリマスターされたので再度聴いてみました。
「Painkiller」はもともと好きな曲で、 Judas Priest 一番の最高傑作と思っていますが、この曲が入っているアルバムもとんでもないレベルです。
改めて見直しました。

Painkiller から始まる前半は息もつかせない疾走。
Night Crawler、One Shot At Glory など後半もメロディアスで捨て曲なし。
掛け値なしの名盤です。


他の有名なアルバム

Screaming For Vengeance
Defenders Of The Faith
Sad Wings Of Destiny

もハードリピートしていましたが、やはり私は 「Painkiller」 だ。
歌詞もチープさの中に深みがあり良いです。
出だしから、ジャケットに示すような怒れる半機械人がいきなり出てきた時には卒倒しました。
メタルモンスターにまたがり、炎と煙を吐きながら復讐に燃えている。

そう、彼こそがペインキラーなのです!

私は感覚で音楽を聴いているので、神に対してこれ以上細かいことを言うつもりは毛頭ありません。
ただ、神と称されるのには理由がある。
昔、持っていた熱い魂は幾つになっても忘れてはならないと思いました。

ペインキラーペインキラー
ジューダス・プリースト

SMJ 2012-02-15
売り上げランキング : 53471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Judas Priest (Amazon.co.jp)



では、燃えるように熱い良いお年を。



ハードロック・ヘビーメタル (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年度別ベスト3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309358537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ