ドリームシアターレビュー おすすめ記事

ドリームシアター 名曲、名盤ランキング
ドリームシアター この一曲

NEW! 「最新アルバム The Astonishing 感想

■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ


2011年09月19日

Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー 〜 「Alchoholics Anonymous (AA)」 シリーズはここから始まった


(更新履歴)

2011.09.19 「Alchoholics Anonymous (AA)」 シリーズの記事を追加修正 NEW!
2006.11.26 記事アップ

ドリームシアターの最新アルバム 「Dramatic Turn of Events」 が出てから、昔のアルバムも良く聴くようになりました。
今までレビューしたアルバムの中でも、この 「Six Degrees Of Inner Turbulence (シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランス)」 に対する印象が最も変わったので再レビューします。


ドリームシアター 6thアルバム

「Six Degrees Of Inner Turbulence」 レビュー

ドリームシアターのオリジナルでは唯一の2枚組  です。
このアルバムのキラータイトルといえば、Disc1 一曲目

「The Glass Prison」

これだけで、もう聴く価値ありです。
重厚なリフ、曲展開とスピードは、もう言葉が出てきません。
13分53秒と10分を楽に超える長い曲なのですが、曲展開のスリリングさがたまらなく聴いていると時が加速します。
(車の中で聴くと、目的地にとても早く着くことができます。)

この曲は、 マイク・ポートノイの 「アルコール依存症を克服する12のステップ」 からなる組曲です。
Alchoholics Anonymous (AA)」 シリーズとでもいいましょうか。


以降、出すアルバムに一曲ずつ収録され、計5曲「12ステップ」で終了しました。 

「The Glass Prison」
「This Dying Soul」
「The Root Of All Evil」
「Repentance」
「The Shattered Fortress」


最終章である 「The Shattered Fortress」 (Black Clouds & Silver Linings) で マイク・ポートノイ はドリームシアターから脱退してしまったので、このシリーズが完結したら、活動休止(脱退)するつもりがあったのかもしれません。
(憶測ですが…)

このシリーズの曲は、ドリームシアターを代表する名作ぞろいと思っていましたが、後半は明らかに劣化してしまい残念なシリーズになってしまいました。
しかし、 この 「The Glass Prison」、 Train Of Thought 収録の 「This Dying Soul」 はドリームシアターの中でもトップクラスに入る名曲です。
ぜひ聴いてドリームシアターの凄さを実感してもらいたいです。


歌詞には 「ビル・ウィルソンとその友人に捧げる」 と書いてあります。
ビル・ウィルソンはアルコール依存症の治療法を提唱した人で、

「アルコールの問題は症状に過ぎず、その背後にある性格上の欠点、生き方の問題を解決することが回復の唯一の道」

と言っています。
アルコール依存症から抜け出せない状態である初期の曲はとにかく名曲揃い。

やはり、人間は壊れている方が面白いということでしょうか?


以下は、「The Glass Prison」 各ステップの感想。

1、リフレクション(影響)

最初のギターは速く、難しいです。
テンションが一気に上がります。
つかみだけなら、とにかく歴代No.1の名曲

「主人公(ポートノイ)はガラスの監獄に入るのがお気に入り」

2、リストレーション(回復)

ここからの展開も好きです。
スラッシュから、ヘビーへ。
ちなみにこの章のデス声は、ジョーダン・ルーデス。

「これでは駄目だと自分でも気づいている。葛藤が始まる。」

3、レヴェレーション(啓示)

また、スリリングな最初の展開へ!

「自分だけでは決して開けられなかった、ガラスの監獄が開け放たれる。」

そして、次作 「Train of Thought」 の 「This Dying Soul」 に続きます。


The Great Debate

中毒になる名曲です。
即効性は全くないですが、何回か聴いていると頭から離れない曲になります。
ダークです。

原題は 「Conflict At Ground Zero
Sep.11(アメリカ同時多発テロ) 事件後にタイトル変更がされたそうです。
モラルと罪と科学が衝突し、議論します。
初期の頃では決して見られなかった狂曲。
ポートノイがプロデュースしたドリームシアターは、こういう混沌とした曲のできが素晴らしく好きです。


Disc2は、表題作1曲のみ

「Six Degrees Of Inner Turbulence」

計8章から構成される42:05の組曲です。

躁うつ病(燃えつき症候群、客観視点)、妄想症、精神分裂症、神経衰弱、解離性同一性障害(多重人格)、躁うつ病
で6人出てきます。
最初のオーケストラ部分(Overture)〜 6人の物語(症例)〜グランドフィナーレで、計8章になります。
全てが究極なので長いですが、つい続けて全部(42:05)聴いてしまいます。

その中でも特に好きなのが、第7章

「 VII. About to Crash (Reprise)」

最初にも出てくる症例の彼女は、いわゆる 「燃えつき症候群」 です。
でも、リプライズで復活?(もしくは躁状態)します。
そこから 「グランドフィナーレ」 につながるメロディーラインは何回聴いても鳥肌が立ちます。
そして、その歌詞!


”高く上がっても行っても
自分が飛べないことを私は知っている
そして空から落ちてきたとき
誰が立っていてくれるだろう

あなたが立っていてくれるのかしら?”


ドリームシアターは歌詞も素晴らしい!

現代の闇の部分を音楽で感動的に表現する。
名曲です。
一生聴いても飽きないです。

なお、「Six Degrees Of Inner Turbulence」 は、 20周年記念 ライブDVD「Score(スコア)」  でオーケストラ付きでフル演奏されています。
この映像は何度見ても感動します。
こちらも是非聴いてみてください。



Dream Theater/Score: 20th Anniversary Worldtour Live With The Octavarium Orchestra (HMV)
Dream Theater/Score (Amazon.co.jp)


このアルバムは、第2期ドリームシアター ではあまり評判は良くないようで、実験的アルバムとも言われています。
確かにDISC1は、 「The Glass Prison」 以外、即効性が不足気味です。

しかし、この実験の成果・手法は自作の 「トレイン・オブ・ソート」 や 「オクタヴァリウム」 で生きてきます。
最近このアルバムはあまり聴いてなかったんですが、聴き直していたら再度はまりました。

年月を超える魅力があるアルバムです。

今思うと、ドリームシアターはこのアルバムを含めた前後3枚 (Metropolis Part2、Six Degrees Of Inner Turbulence、Train Of Thought) の頃が最も輝いていたと思っています。




Dream Theater/Six Degrees Of Inner Turbulence (HMV)
Dream Theater/Six Degrees Of Inner Turbulence (Amazon.co.jp)


2011年09月16日

ドリームシアター Dramatic Turn of Events レビュー A

ドリームシアターの新作 「Dramatic Turn of Events」 を数十回聴きました。
合わせて過去のアルバムも聴いてみたのですが、最近のドリームシアターと異なる点は3つあります。

Dramatic Turn of Events レビュー A

Dramatic Turn of Events


@ メロディ重視でプログレ色が強い


ペトルーシが 「もっと、メロディやフレージングにこだわって魂のこもったソロにしたかった。」 と言っているように、丁寧に作りこんであります。
これはアルバムの曲全体に言えることで、 「2nd Images And Words」 に近い感じがします。
ただ、全体的な曲構成はいろいろ織り交ぜた 「8th Octavarium」 のようです。
バラードも多く、一曲一曲の落差も大きいです。

メタル色はかなり減りました。

「Dream Theater」 のメンバーが影響を受けたという 「Rush」 というバンドのプログレに近いような気がします。


A コーラスが綺麗

ポートノイがいなくなったので、ダミ声コーラスはなくなりました。
「The Glass Prison」 の頃から目立ってきたポートノイのコーラスは結構好きだったので私としては残念です。
これは、ドリームシアターの毒でしたが、解毒されて綺麗なコーラスになりました。
ちょっと、コーラスが綺麗すぎる?


B ベースが強調 (ドラムの音が小さい)

メタリカに 「メタルジャスティス」 というアルバムがあります。
このアルバムは、バンド新参者 (ベース:ジェイソン・ニューステッド) の楽器音が小さくミキシングされるという恐怖のアルバムとして有名です。
「メタルジャスティス」 のときは、ベースがほとんど聴こえないというものでしたが、自分はこの音が結構好きでメタリカの最高傑作は 「メタルジャスティス」 と今でも思っています。

今回のドリームシアターは逆のパターンでバンド新参者 (ドラム:マイク・マンジーニ) のドラムの音が小さくなっています。
(適正化というのでしょうか?)

そのため、ベースがよく聞こえます。

最初にこのCDを聴いたとき音がこもっているように聴こえたのですが、これはベースが前面に出てきた効果のようです。
ドリームシアターのアルバムは、ドラムが強くベースがあまり聴こえないというメタリカライクなミキシングだったので、この新作の音に違和感を感じていました。



まとめ

新しく入ったドラムのマイク・マンジーニは DISC2のDVD をみていると、かなりの人格者で、ドラムの腕はポートノイ以上? というほどの凄い人です。
ただし、本作ではいろいろ模索途中のようです。
ドラムもポートノイの真似のような感じがしてしまいます。

自分はポートノイの毒が好きだったので、今作のドリームシアターのアルバムはちょっと面白くないです。
綺麗すぎて、毒も意外性も少ないからなのでしょう。
安定より、スリリング、強烈なインパクトが欲しいです。

しかし、アルバム自体の曲は非常に良く練られていていい感じです。
速攻レビューで言ったように、キラータイトルはこの曲。

Breaking All Illusion」 は何度聴いても良いです。

他もメロディー重視の佳作が並んでおり、初期のドリームシアターが好きな人におすすめしたいアルバムです。
新生ドリームシアターは2作目からが勝負になると思いますが、これからも期待します。




Dream Theater/Dramatic Turn Of Events (+dvd)(Ltd)(Sped) (HMV)
Dream Theater/Dramatic Turn Of Events (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | Dramatic Turn of Events

2011年09月07日

ドリームシアター Dramatic Turn of Events 速攻レビュー @ 〜 とりあえず一回聴いてみました

今日はドリームシアター新譜の発売日9/7。

Dramatic Turn of Events 速攻レビュー

今回購入したのが、 「スペシャル・エディション、初回限定盤」 です。
CD+DVDの2枚組。

Dramatic Turn of Events

曲数は9曲。
特にコンセプトアルバム的な要素はありません。
聴いてみた全体的な感じは 「Octavarium」 のようですが…
なんだろう。
違和感があります。

基本、重厚な感じの曲が多いですがなにか軽いです。
MASAさんは 「サウンドの透明性」 と評価しています。

自分が感じた、違和感の正体はコーラスだと思います。
ポートノイのコーラスは図太くて野暮でしたが、聞き慣れると無くてはならないものでした。
そのためだけではないでしょうが、力強さは減り、全体的に清廉された感じになっています。
所々、ドリームシアターらしさもあるのですが毒がだいぶ少なくなりました。
プログレ色が強いです。

これが、新生ドリームシアターか!


Dramatic Turn of Events のキラータイトル は、 「Breaking All Illusions」 でしょう。

綺麗なプログレです。
ちょっと今までのドリームシアターにはなかったような感じに仕上がっています。

「Breaking All Illusions」 は素晴らしい名曲です

あと気になった曲は、Outcry、On The Backs Of Angels です。


なお、2枚目(DVD)は、ドラマーのオーディションドキュメンタリー。
ちょっとネットで見たようなところもありますが、日本向けに編集されています(字幕もあります)。
あとは、アルバムのインストバージョンがMP3で入っています。
このMP3ファイルは256kbps DRMフリーです。
MP3としては良質なほうで使い勝手は良いです。


新生ドリームシアターは心配な要素もたくさんありましたが、特に大きな問題はなかったようです。
もう少し聞き込んでから、後で正式にレビューしたいと思います。




Dream Theater/Dramatic Turn Of Events (+dvd)(Ltd)(Sped) (HMV)
Dream Theater/Dramatic Turn Of Events (Amazon.co.jp)



posted by 夢 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dramatic Turn of Events

第一期(1989年〜1998年) ドリームシアターレビュー 目次

「1st When Dream And Day Unite レビュー
「2nd Images And Words レビュー
「3rd Awake レビュー
「ミニアルバム A Change Of Seasons レビュー
「4th Falling Into Infinity レビュー

第二期(1999年〜2006年) ドリームシアターレビュー 目次

「5th メトロポリス・パート2(Metropolis Part2 : Scenes From A Memory) レビュー
「6th Six Degrees Of Inner Turbulence レビュー
「7th Train Of Thought レビュー
「8th Octavarium(オクタヴァリウム) レビュー
メトロポリス2000 レビュー
「ライブDVD SCORE(スコア) レビュー


■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。